きたっち・日々のBlog

クルマ・バイクを中心に仕事や家族の事も書いています
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
      

≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Giviキーシリンダ

またまたスペイシーネタです

毎日開け閉めしているGiviバックのキーシリンダが変形してかれこれ数年経ちましたが、先日某●りんかんでキーシリンダだけ売ってたので購入しました。



バックの内側のビス2本を外してロック部分を外します




裏側に付いてるCリングを外して





キーシリンダを抜いて



交換しました(*^▽^*)


ペタしてね





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村





Android携帯からの投稿

スポンサーサイト

タイヤ交換&オイル交換

みなさんこんにちは、梅雨も明けて暑い日が毎日続いていますが、体調管理は万全に暑さを乗り切りましょうね?


CB400SFの再生計画も少しお休みして、今回は通勤快速号のお話


最近最高速スピードが異常に上がったのでタイヤの磨耗具合をチェックしました



晴れ時々CB




距離も距離で乗り換えも考えました



晴れ時々CB


自賠責保険も更新したことやし、まだまだエンジンも元気に回ってくれてるので、乗り続ける事にしました。




今回も前回と同じミシュランタイヤS1を装着することにしました


晴れ時々CB


前回の記事はこちら→http://ameblo.jp/kitachan1970/entry-11204240980.html



某●りんかんで半額でゲットしてきました!







昨日早速仕事の合間に交換する事にしました


晴れ時々CB

大体のスクーターのリアタイヤってマフラーを外さないと外れませんね?





マフラーを外してインパクトレンチでホイールも外します


晴れ時々CB




晴れ時々CB

ブレーキシューはまだまだいけそう(=⌒▽⌒=)


晴れ時々CB






ホイールからタイヤを外して、組み付けはタイヤ屋さんにお願いしました




今回はついでにオイル交換もします


晴れ時々CB


次は駆○系のオーバーホールに着手したいな?と思っております


今回走行距離24242km


晴れ時々CB

目指せ!!5万キロ!!



毎度ご覧いただきありがとうございますm(_ _ )m



ペタしてね






CB400SF SPECⅠ 再生計画③

前回のタンクの洗浄(ピカタンZ)から1日半経ったところで


中の洗浄液を抜き取りました


晴れ時々CB

上澄みのお辺りは比較的綺麗な状態でした


下側に残っていたのは少々錆がでてきました


晴れ時々CB

完全に抜き取り、今度はエアーブローでなかの液を完全に抜き取りします


晴れ時々CB

燃料タンクのフロート部分からエアーを入れたりとなかなか抜きにくかったですが何とか液体ゼロの状態にしました


次はコーテイング剤を注入するのですが、余計な穴をマスキングします


晴れ時々CB


タンクの上面の方が錆がひどかったので、上面によりよくコーテイングが

馴染む様にフロート部分から注入します



晴れ時々CB

ワコーズのタンクライナー、2液製で8:2の割合で調合します



晴れ時々CB

付属の計量カップで調合して、燃料タンクのフロート部分より注入


タンクをユラユラ縦に横に斜めにとまんべんなく液を浸透させて


余った液は付属の注射器で吸い取ります


晴れ時々CB

中の状態を懐中電灯で覗きこんでコーテングを施しました


晴れ時々CB



晴れ時々CB

この後は説明書に書いてるように仮設乾燥室(ダンボール)に燃料タンク


を入れて、工業用ヒートガンで乾燥室の中温度を上げて乾燥する


という方法です


晴れ時々CB


晴れ時々CB

抜き取りからコーテイングまで1時間半ほどかけて一応燃料タンクはOK


となりました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



ペタしてね








CB400SF SPEC1 再生計画②

先日のばらしの作業から3日ほど経ちましたが、今日WAKO`sのピカタンZが
届きました。



早速注入します











ピカタン2Lで20Lのタンクまで洗浄できます

後はタンクキャップのところまで熱湯をいれます。







今日の作業はここまで、この状態で丸1日置いておきます

さぁ次はいつ?触れるでしょう。





Android携帯からの投稿
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。